今なら新規会員登録で
300ポイント

カテゴリ一覧はメニューをタップ

全国どこでも送料無料
くれないダイレクトって?
当ショップはカーテンメーカーくれない独自で企画製造した、 遮光カーテンや防音カーテン、紫外線カット・目隠しミラーレースカーテンなど高機能カーテンを全てダイレクト価格にて販売しております。 また、北欧、花柄、ストライプ柄、レザー調といったデザインカーテン等、新商品も続々登場。 ご注文に関する内容やカーテンの採寸等、少しでも不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 営業時間内はお電話によるご注文も受付中です。

遮熱カーテンで始める快適節電特集

遮熱カーテンではじめる快適節電対策

ポイント1|カーテンの使い方を間違わないように

夏場の暑い時期の節電対策(遮熱・断熱)

暖かい日光をいっぱい採り入れる!

冷房をつけている時はしっかりとカーテンを閉め、窓から冷やされた空気が逃げるのを防ぐのと同時に、窓から入ってくる太陽熱をできる限り遮断する。
そうすると冷房効果の効率性が高まり、冷房費の節約となります。
※遮光カーテンなど機密性が高いものや、断熱効果が高いものを選ぶほど保冷効果は◎

冬場の寒い時期の節電対策(防寒)

日が落ちる前に閉めて暖かい空気の逃がさない!

日中は窓からの日光をしっかり採り入れて、部屋を暖める。

日が落ちる前に閉めて暖かい空気の逃がさない!

日が落ちる前にカーテンを閉め、日中暖めた部屋の空気を出来だけ逃がさないようにする。
※日当たりが悪い、気温がかなり低いなどの理由で日中から暖房をつけている場合も同じです。
※カーテンは遮光カーテンなど機密性が高いものや、断熱効果が高いものを選ぶほど保温効果は◎

ポイント2|カーテン選び!

保温効果・保冷効果を高めるには、要するに冷暖房をつけているお部屋の空気を外に逃がさず、 夏であれば太陽熱や暖かい外気を中に入れない、冬であれば冷たい外気をお部屋に入れない事が冷暖房の効きを高め省エネ効果、そして防寒につながります。
ですから選ぶカーテンは、機密性が高く、断熱性も高い、遮光カーテン(遮光等級が高ければ高いほど良い。例:一級遮光など)や、生地裏に特殊コーティングなどを施した完全遮光生地使用のカーテンなどがオススメです。

ポイント3|レースカーテンでも防寒対策!

お部屋の防寒対策で手薄になりがちなレースカーテン。でも「お昼間からカーテンを閉めるのは嫌」、「光を取り込んで明かりを付けずに過ごしたい」…などの理由で、意外とレースカーテンだけで過ごす時間が長い方も多くおられます。
だからこそ、断熱効果や保温効果が高いミラーレースや特殊な糸が編みこまれているレースカーテンを上手に選んで、冬の防寒・節電対策をしてみてはどうでしょうか。

昼夜目隠し・断熱効果 紫外線カットレース プライバシーミラーレース
遮熱効果約61%昼夜目隠しミラーレースカーテン 冬温夏涼+S
困ったときはこれ1枚

その他オススメ防寒レースカーテンはコチラ!

エコ替えの提案 年間の二酸化炭素削減量 32.5kg
くれない省エネカーテン基準
省エネカーテン基準とは
防寒対策カーテン
星4最も高い断熱・保温・保冷効果に優れ、省エネ効果を期待できるカーテン
星3 高い断熱・保温・保冷効果に優れ、省エネ効果を期待できるカーテン
星2 一般的なカーテンに比べ断熱・保温・保冷効果に優れ、省エネ効果に期待できるカーテン。
防寒対策レースカーテン
星4 最も高い断熱・保温・保冷効果に優れ、省エネ効果を期待できるレース。
星3 高い断熱・保温・保冷効果に優れ、省エネ効果を期待できるレース。
星2 高い断熱・保温・保冷効果に優れ、省エネ効果を期待できるレース。
カンタンコーディネートで防寒・断熱対策♪オススメ!お買い得カーテン・レースセット
「カーテンで冷暖房対策」大解剖!!

まず、はじめに日本では断熱効果の高いペアガラスの普及は北海道地区を除くと低く、また窓枠も北欧やドイツなどが木材か塩ビであるのに対し、なぜか日本では熱伝導率の高いアルミが圧倒的に多く使われています。
加えて、欧米の住宅と較べて窓面積が一般戸建てで約1.5倍もあります。
掲載図のように窓からの熱気の進入・流失が大きいだけに、冷暖房対策は「窓に集中すべき」といっても過言ではないでしょう。


カーテンが手っ取り早い方法!

先に述べた理由により日本の多くの住宅では、夏には大きな窓から太陽光線・外気熱が容赦なく入り込んできます。
逆に冬は窓ガラスに触れた室内暖気が冷やされ床に下りてくるコールドドラフト現象を引き起こしてしまいます。
ではどのように対応すべきか?もっとも手っ取り早い方法はカーテンで冷暖房効果を高める手法です。



3つの方法

それではカーテンで冷暖房効果を高める3つの方法をご紹介します。予めご承知いただきたいのですが、ここで説明する順番は重要度ではありません。 効果を高めるには3つの方法をトータルでおこなうことが望ましいということです。


ボリュームに富んだ(厚みのある)カーテン生地の選択。

密度の詰まった生地(遮光カーテン・特殊加工生地など)は断熱性と遮音性が高く、また遮光裏地を付けるのも効果的なうえ、見映えも良くなるのでおすすめです。


きっちりとヒダをとっているカーテンの推奨。

布をたっぷり使うことでヒダの間に出来る「空気の層」と呼ばれる空気だまりが増えて保温効果が高まります。
ちなみに、空気の断熱性はガラスの41.4倍と断トツに優れています。


レースカーテンでも熱線カットと断熱を。

まず、赤外線(熱線)を反射させてしまう方法として約10年前に登場したミラーレースは、編み組織のバック層(窓側)に光沢感のあるブライト糸を採用しています。ブライト糸は艶消し剤としての酸化チタンを混入しない糸です。さらに、遮熱効果を高めるため、繊維を円形でなく光を乱反射させやすい異形断面糸を使用しているレースカーテンを選びます。

そして、当然のことですが上記のカーテンだけ、レースカーテンだけではなく二重吊りにするということが重要です。


カート内の商品数:
0
最近見た商品