今なら新規会員登録で
300ポイント

カテゴリ一覧はメニューをタップ

全国どこでも送料無料
くれないダイレクトって?
当ショップはカーテンメーカーくれない独自で企画製造した、 遮光カーテンや防音カーテン、紫外線カット・目隠しミラーレースカーテンなど高機能カーテンを全てダイレクト価格にて販売しております。 また、北欧、花柄、ストライプ柄、レザー調といったデザインカーテン等、新商品も続々登場。 ご注文に関する内容やカーテンの採寸等、少しでも不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 営業時間内はお電話によるご注文も受付中です。

この猛暑からぬけだすためのひと工夫!!お部屋のクールダウン大作戦

この猛暑から抜け出すためのひと工夫!!お部屋のクールダウン大作戦

「家に帰ると、お部屋がまるで地獄のよう!」「クーラーをつけてみても、なんだか効きが悪いような気がするなぁ…」そんなお悩みのあなた、必見です!!
ここでご紹介させていただくのは「この猛暑で活用できる、ひと手間・ひと工夫」
ちょっとしたことで、あなたのお部屋もいつもより涼しく感じられるかも♪

なんで部屋が暑くなるの?

お部屋のドアを開けると、もわ~っと暑い空気がこもってる…!!きっと誰もが経験したことがある、このムシムシする暑さ。原因は「外の気温が高いから」だけじゃないこと、知っていましたか?
昼間に太陽光を浴びたりするせいで、夜になると建物自体が熱を持ってしまう場合もあるようですが、 お部屋にほぼ必ずあると言っていい「窓」から入り込んでくる太陽の熱。
これが、お部屋の暑さの原因なのです。

熱を防ぐためにはどうすればいいの?

お部屋が暑くなる一番大きな原因は「窓から入り込んでくる太陽の熱」。簡単に言えば、 窓から入り込む太陽光を防ぐことによって、温度上昇を抑えることができるのです。

今まさに役立つのは「遮光カーテン」!

遮光は、まさしくその名が示す通り『太陽の光を遮る機能』のことです。昼間、遮光カーテンでお部屋を閉めきっておくだけで、お部屋に太陽光が入り込むのを防いでくれます。暑さもグッとやわらぐこと間違いなし♪
「でも、昼に遮光カーテンで閉めきっちゃうとお部屋も暗いし…そんなアナタは、外出時だけカーテンを閉めておけば、太陽熱による温度上昇を抑えることができるので、オススメです。

そのほか遮光カーテンはこちらから
この夏、まだの方はぜひお試しください!カーテンご注文時にオプションで付ける縫製サービス
窓辺の断熱・保冷革命 WS縫製
マンガでわかるWS縫製 夏編 詳細はコチラから
すぐクーラーはちょっと待って!  ひと手間でお部屋の空気をリフレッシュ♪

お部屋に帰って早速クーラーのリモコンに手を伸ばして…なんてあなた、ちょっと待って!
すぐにクーラーをつけてしまうと、お部屋にこもった暑い空気からゆっくり冷やしていくことになりますので、通常よりも時間がかかってしまいます。また、なかなか涼しくならないから、つい設定温度を下げすぎて……

結果、電気代も余計にかかってしまいます。

まずはエアコンを付けたい気持ちをおさえて部屋の中のこもった暑い空気を入れ換えることから始めましょう!お部屋の温度を下げてからクーラーをつけた方が、効きもよくなって冷えすぎる心配もなくなります♪

知っておきたい!クーラーを使う前のお手軽3ポイント

1.お部屋の窓をあけて空気の入れ替え!

ちょっとだけ窓を開けるのがコツ♪
だいたい15cmぐらい開けられればOKです!
ですが、暑いからといって窓を全開にしてしまうのはNG×
広い空間よりも狭い隙間から勢いよく空気を通すことによってしっかりお部屋の空気が入れ換えられます♪

夏のお役立ちアイテム【扇風機・換気扇】  窓側に扇風機を設置すると空気の入れ換えスピードがグンと上がります!  台所の換気扇もお部屋の中の空気を外へ逃がす効果があるので是非使いましょう♪  もちろん、窓を開けないと意味がないので、開けることは忘れずに!

2.ぬるめのお風呂やシャワーを利用!

窓を開けたままで問題がなければ、換気をしている間にお風呂へ!いつもより少し温度を低くしたぬるめのシャワーや、お風呂が適しているかもしれません。汗を流してさっぱりするだけではなく、体の表面温度が下がるのでスッキリします。

3.保冷剤や濡らしたタオルで冷やす!

換気の間、どうしても、この暑さを紛らわせたい…!!
そんな時は「クールダウンスポット」を効果的に冷やし、体の体温を下げることで、涼しさを感じることができます。

クールダウンスポット】って? 「効果的に体を冷やせる箇所」のこと。血管が皮膚に近い所を冷やせば、冷えた血液が全身に  回るので、効率よくクールダウン!タオルでくるんだ保冷剤や濡らしたタオルを当てれば、  全身の温度が下がるので、涼しさが体感できます。冷やすときの注意!直接氷や保冷剤をスポットに当てたり、冷やしすぎは体に良くないのでやりすぎは禁物!エアコンを効率よく使う方法って?●風量の設定は「自動」で!  風量設定を「自動」にすると、快適な温度になるまで一番効率よく  動いてくれます。「微風」「弱風」設定よりも早く温度が下がり、  節電にもつながります♪ ●お部屋の温度は適温に。冷やし過ぎはNG×  ついつい冷えすぎてしまうお部屋。そうならないように、こまめに  温度設定で調整をすると冷えすぎを防げます。体感温度より+1℃  高めに設定すると、約10%の節電になると言われています。
見た目で変わる!?「色」を最大限に活用しよう

なんと、「色」にも涼しくする効果があるって、知ってましたか?
色にはそれぞれ効果があり、例えば「グリーン」をお部屋に取り入れれば緊張をやわらげる作用が、また「オレンジ」を取り入れれば体感温度を上昇させる作用がある……などなど、発揮される効能はさまざまです。
また、寒色系(主に青色系統)の壁にしたお部屋に出入りすると、体感温度が2〜3度ほど低くなるという実験結果が出たほど、涼しさを体感できる色として立証されています。

この「色の効果・効能」を利用して、お部屋で涼しさを体感してみては??

夏にぴったりのその他青系カーテンはこちらから
カート内の商品数:
0
最近見た商品